SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2021.11.28

【日本女子代表/WEB取材】2回目の招集を受けた池内天紀、須賀雄大新監督にアピール誓う「先輩方を追い抜くくらいアピールしていきたい」

PHOTO BYJFA

須賀雄大新監督を迎えた日本女子代表は、11月25日から28日まで高円宮記念JFA夢フィールドでトレーニングキャンプを行なう。木暮賢一郎前監督の下で初招集され、須賀新体制でも候補入りを果たした福井丸岡ラックの池内天紀がトレーニングキャンプ初日を終えてオンライン取材に応じた。


【関連記事】


女子だけど力強さのあるプレーに注目してほしい

池内天紀(福井丸岡ラック)

──須賀監督の就任を聞いたときの感想とトレーニングキャンプ1日目を終えた感想を教えてください。

また新しい日本代表でプレーできることをすごく楽しみにしていました。須賀監督は明るい方で、私たちとすごくコミュニケーションをとってくださるので親しみやすく相談しやすい環境でした。

──須賀監督と木暮前監督とのトレーニングの違いはどこに感じましたか?

トレーニングでは今日は「ピヴォを見る」と言うことで、ピヴォと目を合わせて、どのタイミングでも当てられるときはしっかりピヴォに当てて、速く前進することがテーマでした。木暮監督のときも「まずはピヴォに当てる」ということでしたので、そこは変わらないです。違いで言えば、形はあっても自分の持っているものを大事にしようというものが違いではありました。

──ミーティングでは監督からこのチームのプレーモデルについてどのように説明がありましたか?

細かいところまではまだですけど、攻撃と守備と、攻守の切り替えの部分において自分たちがゲームを支配するという話がありました。守備では相手がボールを持ちたくないくらいのプレスをかけるなどして、ゲームを支配できるようにという話がありました。

──池内選手はこの新しい代表チームでどんな存在になっていきたいですか?

私は今回が2回目の代表活動なので、もっと自分から食らいついていけるようになりたいです。上の先輩方を追い抜くくらいアピールしていきたいです。

──WEリーグも開幕して、女子フットボールの注目も高まっていると思います。池内選手から見た女子フットサルの魅力は?

女子フットサルも女子サッカーも今、普及のために頑張っているところで、もっとみんなに見てもらえるようにと選手たちも頑張っています。女子フットサルで言うと、女子ならではの繊細なボールの繋ぎとか、女子だけど力強さのあるプレーに注目してほしいです。フットサル全体で言えば展開が速いことが一番の魅力だと思っているので、攻守の切り替えや点の取り合いを見てほしいです。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami