SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2021.11.28

【日本女子代表/WEB取材】若手ピヴォとして活躍が期待される斉下遼音「日本で一番点が取れるピヴォになりたい」

PHOTO BYJFA

須賀雄大新監督を迎えた日本女子代表は、11月25日から28日まで高円宮記念JFA夢フィールドでトレーニングキャンプを行なう。立川・府中アスレティックFCレディースでチームトップタイの4ゴールを奪う斉下遼音は、若手ピヴォとして須賀ジャパンでの活躍が期待される。そんな斉下がトレーニングキャンプ初日を終えてオンライン取材に応じた。


【関連記事】


須賀新監督就任で心機一転

斉下遼音(立川・府中アスレティックFCレディース)

──須賀監督になって初めての合宿ということで、監督に対してどんな印象を持ちましたか?

選手とのコミュニケーションを大事にしていて、思っていたのと違うイメージで、とても柔らかく、いい雰囲気でトレーニングを行えました。

──冗談言うこともありましたか?

そうですね。真顔な感じで、おもしろめなことを言ってました(笑)。

──池内天紀選手からピヴォを使う練習をしていたという話がありました。ピヴォの斉下選手としてはチームとして目指すものをどう感じましたか?

前回の合宿のときは木暮監督でしたが、そのときの戦術もありつつ、須賀監督の新しい色を混ぜたセットプレーやピヴォ当ての方法がありました。初めて組むセットのメンバーとコミュニケーションをとって、今日はいい雰囲気で練習を進めることができました。

──斉下選手は代表チームの中で若い方ですがこれから須賀監督の下、どんな役割を担っていきたいですか?

ピヴォとして、チームがピンチなときに点を取れるピヴォになりたいと思っています。日本で一番点が取れるピヴォになりたいです。

──前回のトレーニングキャンプと今回で、監督が代わったことで自分の気持ちに変化はありましたか?

前回だと自分以外の選手は、一回は木暮監督の下でプレーしたことがある選手ばかりで、その中で戦術理解度が足りてないなと思う部分がありました。今回はそこまで大きく変わってないところはありますけど、みんなまた新しい気持ちで臨むことができたので心機一転じゃないですが、いいスタートが切れたと思っています。

──このトレーニングキャンプにおいての意気込みを聞かせてください。

今季の目標は、もっと得点力を上げなければいけないと思っていたので、その点でも今回、とても良い機会を与えてもらったと思っています。上手な選手の中でたくさんのことを吸収して、もっともっと成長して、日本リーグで大暴れできるようになりたいと思います。

──WEリーグも開幕して、女子フットボールの注目も高まっていると思います。斉下選手から見た女子フットサルの魅力と、それをどのようにアピールしていきたいと思っているか教えてください。

フットサルはサッカーと比べて展開が速くて、初めて見る人にもおもしろさが伝わるスポーツだと思っています。点がたくさん入る試合の多い中、臨場感や勢いがとても魅力だと思うので、そのおもしろさを伝えていきたいと思っています。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami