SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2021.12.03

【日本女子代表/WEB取材】須賀雄大新監督就任で刺激を受ける江口未珂「学んだことをチームで生かせれば」

PHOTO BYJFA

須賀雄大新監督を迎えた日本女子代表は、11月25日から28日まで高円宮記念JFA夢フィールドでトレーニングキャンプを行なった。トレーニング最終日にはオンライン取材が行なわれ、江口未珂(SWHレディース西宮)が取材に応じた。

前監督との違いが刺激に

江口未珂(SWHレディース西宮)

──須賀雄大新監督が就任して、これまでとの変化や気づきは?

プレーのコンセプトに関しては、木暮前監督とそれほど変わりませんが、盛り上げ方や指示の出し方、指摘などは前監督と違うなと感じています。いい刺激になりました。

──所属するSWHレディース西宮が女子フットサルリーグで首位を走っている。初優勝に向けて今回の代表での経験をチームにどう還元したいか?

チームと代表でやっていることやゲームの作り方は違います。ただ、今回の代表チームにはSWHから多くの選手が招集されていたので、チームに戻ってそのメンバーとセットを組む時に、ここで学んだことを生かせればと思います。

──戦術面以外で、木暮前監督と須賀新監督の違いは?

グレさんの時は、フットサルのことしか話さなかったです。今回はお互いに初めてだったので、人間性を知る機会になりました。初めてでしたが、距離感としてはすんなり近づけました。

──率直な須賀監督の印象は?

難しいですが、怖さとかはなく、楽しくトレーニングができました(笑)

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami