SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2021.12.15

【日本代表/WEB取材】W杯経験者の二十歳・毛利元亮。「同世代の選手より先にこの環境でやらせてもらえたことを生かす」

PHOTO BY高橋学,JFA

フットサル日本代表は15日、高円宮記念JFA夢フィールドでトレーニングキャンプの3日目を実施。木暮賢一郎新監督の下で初めての活動がスタートしている。最終日のこの日は、紅白戦を行ってトレーニングキャンプが締めくくられた。

メンバーの平均年齢も前体制と比べ一気に下がり、新たなスタートを切った新生・木暮ジャパン。ブルーノ・ガルシア前監督の下では最年少ながらW杯のメンバー入りを果たした毛利元亮。新体制では同年代の選手が多く占めている中、毛利はこの3日間の活動を通じ、新しい代表チームをどう感じたのか。最終日の練習終了後、オンライン取材で聞いた。

【紅白戦結果】
白 6-2 赤
<白>
先発:クレパウジ・ヴィニシウス、毛利元亮、オリベイラ・アルトゥール、吉川智貴、田淵広史
控え:金澤空、本石猛裕、甲斐稜人、齋藤日向、高見政顕
<赤>
先発:内田隼太、加藤未渚実、倉科亮佑、上村充哉、坂桂輔
控え:牧野謙心、高橋響、堤優太、樋口岳志


【関連記事】

発足後初の活動を終えた木暮賢一郎監督。「[3-1]や[4-0]などがない代表チームをつくっていこうと思っている」
前体制のキャプテン・吉川智貴。「雰囲気は前の代表と大きく変わらず、戦術は大きく変わった」
W杯経験者の二十歳・毛利元亮。「同世代の選手より先にこの環境でやらせてもらえたことを生かす」
追加招集連絡は試合後のバスの中。高見政顕「それでも、今できることを証明できた」

 


頭の使える選手になる

毛利元亮(ペスカドーラ町田)

──3日間のトレーニングを終えてどうでしたか?

監督が代わり、やり方もすごく変わりました。(木暮監督が指揮を執ってきた)U-20代表でやってきたものと同じような内容でしたので、3日間でうまくフィットできたと思います。

──具体的にはどんな変化がありましたか?

特にピヴォで言うと、ブルーノ監督は組み立てにかかわる戦術は多くなかったのですが、木暮監督は数的優位をつくる動きが多いなと。海外のフィクソとの対戦を考えると、自分たちよりも体が大きいですから、そういう相手に有効なやり方だと感じました。

──町田からの招集が多いなかで、毛利選手はW杯にも出場し、他の選手よりも経験があります。W杯を受けてどう働きかけますか?

初めて呼ばれたわけでないので、同世代の選手より先にこの環境でやらせてもらえたことを生かしていかないといけないと思っています。気づいたことがあれば話したり、自分もできていないことが山ほどありますけど、少しずつ自分が引っ張っていこという気持ちがあります。

──W杯後のFリーグでも結果を残していますし、「表情が変わった」という声も多く聞きます。自分のなかで感じる変化や意識の違いはありますか?

自分としては、今までと違うことをしているつもりはないのですが、W杯に向けた3カ月弱の期間で、素晴らしい選手と一緒にプレーして、自然と意識が上がったところはあると思います。

──9日にメンバー発表され、10日の試合で町田の4人で6点を決めました。「日本代表効果」みたいなことがあったのでしょうか?

どうでしょうか(笑)。特にそうした話はしていないですが、気持ちが上がった部分はあると思います。ただ、ああいうパフォーマンスを続けないと代表には呼ばれないので、呼ばれていないメンバーを含めチームが勝つために、自分が成長するために、毎試合あれくらいのプレーを続けていかなければいけないと思っています。

──紅白戦を戦ってみてどうでしたか?

2得点できましたが、まだ取れるチャンスがありましたし、まったく満足していません。貪欲にやっていきたいと思います。

──まだまだできていないことがたくさんある、と。

すべてにおいて足りているとは思っていません。全部と言えば、全部。特に言えば、このチームのやり方というか、町田とは異なる戦術も多いので、頭の使える選手になるところですね。あとはディフェンス面。W杯では、日本で対戦しているよりもはるかに個人技がある選手が多いので、そこで1対1で負けないこと、プレスにいった際にやられないところは、僕自身の今の課題です。オフェンス面もまだまだあるので、課題を挙げたらキリがないですけど(笑)。最優先はその2つかなと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami