SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2021.12.15

【日本代表/WEB取材】追加招集連絡は試合後のバスの中。高見政顕「それでも、今できることを証明できた」

PHOTO BY高橋学,JFA

 

フットサル日本代表は15日、高円宮記念JFA夢フィールドでトレーニングキャンプの3日目を実施。木暮賢一郎新監督の下で初めての活動がスタートしている。最終日のこの日は、紅白戦を行ってトレーニングキャンプが締めくくられた。

追加招集という形でトレーニングキャンプに参加した高見政顕。最後の紅白戦ではゴレイロにも関わらず、ブザービーターで“幻の2点目”を決めたという。この3日間の活動を通じ、新しい代表チームでのゴレイロの役割をどう感じたのか。最終日の練習終了後、オンライン取材で聞いた。


【関連記事】

発足後初の活動を終えた木暮賢一郎監督。「[3-1]や[4-0]などがない代表チームをつくっていこうと思っている」
前体制のキャプテン・吉川智貴。「雰囲気は前の代表と大きく変わらず、戦術は大きく変わった」
W杯経験者の二十歳・毛利元亮。「同世代の選手より先にこの環境でやらせてもらえたことを生かす」
追加招集連絡は試合後のバスの中。高見政顕「それでも、今できることを証明できた」


持ち上がってのシュートは自分の良さ

高見政顕(シュライカー大阪)

──3日間のトレーニングを終えてどうでしたか?

追加招集という形ですがそこは意識せず、自分が今できることを証明できたかなと。ミスもありましたが、現時点ではそれなりのパフォーマンスだったと思います。

──紅白戦では、ブザービートのため幻のパワープレー返しとなったゴールを含めると2得点でした。今回のGKは攻撃面でも、足元の技術がある選手が選ばれていますが、攻撃に絡むところは、紅白戦でも求められていたのでしょうか。

そこについては、3人とも求められていますね。

──あのゴールの感想はどうでしょう。

ゴールできたことはうれしいです。持ち上がったところからのシュートやパワープレー返しは自分の良さでもあるので、そこを出せたのが良かったです。

──ただ、満足していないと。

2失点したことと、そのタイミングですね。連続失点だったので、そこはコーチにも言われました。アジアや世界と戦う上では、そうしたところで試合が決まってしまうので、紅白戦や普段のFリーグでも、それはよくないなと思います。

──追加招集は意識しないでやれた、と。実際に選ばれたときはどんな気持ちでしたか?

すごくうれしかったのですが、(12日に戦った)長野戦からの帰りのバスの中だったので「ここから行くのか」と(笑)。このタイトなスケジュールのなかで結果を残さないといけない難しさは、正直に感じました。

──バスの中で連絡を受けたんですね。

はい、もうバスが出発した後でした。

──では、車中では仲間たちからもメッセージをもらったのでは?

はい、祝福してくれましたし、永井義文監督からも、高見から一言と振られたので「頑張ってきます」と伝えました。

──GKの攻撃参加の意識は以前から持っていたのでしょうか?

永井監督になってから、自陣のプレス回避でGKを使うことはありました。今シーズンで監督は2年目ですが、GKが持ち上がって攻撃参加するようになりました。W杯では、カザフスタン代表のイギータ選手、ブラジル代表のギッタ選手が活躍したことで、日本でも攻撃的ゴレイロのことが広がっていますが、大阪では2年くらい前から意識しています。

──大阪で一緒に戦う日本代表の加藤未渚実選手と話をはしていますか?

はい、「どうやってきたの?」「こっちは前泊だよ(笑)」と。合宿中も、自分は年齢が高いほうなので、長くいる吉川選手や、もともとチームメートだったアルトゥール選手を含めてコミュニケーションが取れました。

──田淵広史と坂桂輔と一緒に選ばれたことはどう感じていますか?

坂とはあまり関わりが多くはないですが、自分が名古屋のトップで、彼がFリーグ選抜のときには話をしていました。田淵はサテライトでも3年間一緒でしたし、プライベートでもよく遊んでいたので、一緒にトレーニングをして戦えたことはうれしかったですね。「一緒に戦っていこう」と話をしました。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami