SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2021.12.29

【U-20日本代表/WEB取材】サッカークラブから唯一の選出。名古屋グランパスU-18の川上翼「フットサルは細かいところまで突き詰めないと難しい」

PHOTO BY

U-20フットサル日本代表は29日、高円宮記念JFA夢フィールドでトレーニングキャンプの3日目を実施。午前練習を終えたこの日、名古屋グランパスU-18川上翼が取材に応じた。

グランパスでは今年、日本クラブユースサッカー選手権の優勝にも貢献した川上だが自分のサイズやプレースタイルを加味して高校卒業後はフットサルへの転向を決意。この代表活動に懸ける思いとフットサル選手としてプレーしていく意気込みを聞いた。


最年少での選出となった佐藤大仁。「自分からもっと意欲を出せるようにしていく」

サッカークラブから唯一の選出。グランパスU-18の川上翼「フットサルは細かいところまで突き詰めないと難しい」

現役高校生Fリーガー・田口大雅。「Fリーグでもっと暴れて活躍して、誰もが認める形でA代表に入りたい」


グランパスではGKでも足元の技術を求められてきた

──名古屋グランパスU-18からの選出でしたが初めて代表に選ばれた感想を教えてください。

フットサルを本格的に始めてない中でこのような活動に呼んでいただいて、嬉しい気持ちでいっぱいです。このような経験ができたことで自分の中で一つ基準ができたのでそこはいい点と言えます。

──ここまでトレーニングキャンプを終えての感想は?

サッカーとフットサルで変わりがないプレーは自信を持ってできていますけど、スローだったりGKが前へ持ち出すプレーはサッカーではなかったのでそこは少し苦戦しています。

──フットサルはどの程度プレーされてきましたか?

中学のときに、サッカーとフットサルをどちらもやるチームに所属していたこともあって、中学生のときは全国大会に出場したこともあります。大学で進学するクラブでも何度か練習させていただいています。

──物部呂敏選手は名古屋グランパスU-15の出身で、今は名古屋オーシャンズU-18にいます。物部選手とは何かコミュニケーションは取りましたか?

いつも一緒にいるので、自分が分からないことや知っていることが多いので、分からないことを聞いたりしています。

──グランパスU-18では今年の日本クラブユースサッカー選手権で優勝にも貢献しました。そういった実績もあった中でフットサルへの転向を決めたきっかけは?

自分のサイズやプレースタイルを加味して、高校2年生の春には「フットサルに転向しよう」と決めていました。

──グランパスU-18は足元の技術に長けているチームだと思いますが、フットサルをプレーする上で生きている部分はありますか?

グランパスではミニゲームも多いですし、GKでも足元の技術を求められてきました。なのでフットサルでもそこは生かせるかなと感じています。

──明日はしながわシティとのトレーニングマッチがありますがそこへの意気込みを教えてください。

個人としてはゼロで抑えたいですし、チームの勝利に貢献できるプレーをしたいと思っています。

──若い年代からフットサルに関わる選手が最近は増えていますが、川上選手はフットサルをどんな存在と受け止めていますか?

サッカーと違いピッチも狭く人数も少ないので、一人ひとりの技術もそうですし、細かいところまで突き詰めないと難しいスポーツだと感じています。速い試合展開で、シュートもたくさんあってゴールもたくさん生まれるところに魅力があると思います。

──川上選手がプレーをしていてフットサルの楽しさを感じた瞬間は?

サッカーでは前に出てブロッキングするプレーが得意ですが、そういうプレーがフットサルでも生きたときは「フットサルっていいな」と思います。

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami