SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2021.12.29

【U-20日本代表/WEB取材】現役高校生Fリーガー・田口大雅。「Fリーグでもっと暴れて活躍して、誰もが認める形でA代表に入りたい」

PHOTO BY

U-20フットサル日本代表は29日、高円宮記念JFA夢フィールドでトレーニングキャンプの3日目を実施。午前練習を終えたこの日、フウガドールすみだが田口大雅が取材に応じた。

今季、現役高校生ながらFリーグデビューを果たした田口。3年後のW杯出場を目指しギラつかせるている彼の意気込みを聞いた。


最年少での選出となった佐藤大仁。「自分からもっと意欲を出せるようにしていく」

サッカークラブから唯一の選出。グランパスU-18の川上翼「フットサルは細かいところまで突き詰めないと難しい」

現役高校生Fリーガー・田口大雅。「Fリーグでもっと暴れて活躍して、誰もが認める形でA代表に入りたい」


W杯で20歳のジッキー選手が活躍していたように…

──トレーニングキャンプをここまで終えての感想をお願いします。

新体制になってから難しいスタートになりましたが、みんなコミュニケーションをうまく取りながらいい雰囲気で練習できています。

──難しいスタートと感じたところはどんなところですか?

普段やってない選手や初めて顔を合わせる選手とやるというのはどういうプレーをするかわからなかったので。そういうところでコミュニケーションを取ることの大切さを感じることができました。

──高校生としてFリーグに出場して存在感を示せていると思います。田口選手自身は自分をどんな選手だと思っていますか?

目標としている選手が2人いて、清水和也選手とガリンシャ選手です。まだ初ゴールは決めてませんが得点力に自信があるので残り2試合で初ゴールを決めたいです。

──今回のU-20代表メンバーにはまだFリーグでプレーした経験のない選手の方がほとんどだと思います。その中で田口選手はこのトレーニングキャンプでどんな手応えがありますか?

手応えは結構あります。自分はピヴォのポジションですけど、Fリーグでプレーしているときよりもボールが収まりますし、反転や得点力という自分の持ち味を出せていると感じます。

──印象に残った選手はいましたか?

原田快と中島圭太、陣川凌の3人とセットを組んでいますがすごくやりやすいですね。

──明日のしながわシティとのトレーニングマッチでの意気込みは?

全日本選手権王者のしながわさんと対戦できるというのはすごくいい機会だと思うので、チーム一丸となって、勝利にこだわってやっていきたいです。

──木暮賢一郎監督からはどんなことをチームに求められていますか?

戦術で「これをやれ」というのは言われてないですけど、「迷わず自信を持ってやれ」というのは一つ言われてます。そういう声かけがあったのでチームは全体的に自信を持ってやれていますね。

──このU-20代表のチームはAFC U-20フットサルアジアカップでの連覇もそうですがA代表に少しでも早く選ばれることが一番の目標だと思いますが。

次の2024年のW杯メンバーに選ばれたいですし、それこそポルトガル代表で20歳のジッキー選手が活躍していたように、いち早くFリーグで活躍できるよう頑張りたいです。

──田口選手にとってA代表はどんな場所ですか?

目指している一番の場所であり、3年後に向けて絶対入りたいと思っている場所です。今年中にFリーグでもっと暴れて活躍して、誰もが認める形でA代表に入りたいと思っています。

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami