SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2021.12.31

【U-20日本代表/WEB取材】“同世代の”代表活動に呼ばれた柴山圭吾「“悔しい”というのが一番大きい」

PHOTO BY高橋学

U-20フットサル日本代表は12月27日から30日まで高円宮記念JFA夢フィールドで4日間のトレーニングキャンプを実施。最終日には締めくくりとしてF2王者・しながわシティと20分×2本、15本1本のトレーニングマッチを行った。しかし、合計スコアは0-4で完封負け。

最後のトレーニングマッチを含めたこの4日間の活動を通し、一つ上の世代から飛び級で代表メンバーに選ばれていた柴山圭吾が得たものとは。最終日の活動終了後、柴山がオンライン取材に応じた。


【関連記事】
18歳以下の選手たちに大きな可能性を感じた木暮賢一郎監督「ポテンシャルがある選手たちと出会えた」
キャプテンマークを巻いた原田快「まだここは通過点。もっと上を目指していきたい」
リガーレ東京U-18のドリブラー・江本賢也「Fリーガー相手でも抜ける自信があった」
“同世代の”代表活動に呼ばれた柴山圭吾「“悔しい”というのが一番大きい」

自分が点を取れるようになりたい

──4日間のトレーニングキャンプを終えて。

「悔しい」というのが一番大きいです。自分が1stセットじゃなかったこともそうですし、試合に負けたこともそうですし、最後の最後で頼りにされたのが自分ではなく原田快だったこともそうで、「もっとやれたな」という感想です。

──このトレーニングキャンプで気づいたこと、得たものは?

前回の戦術から新しくなって、自分の切り方の話とかもありましたし、個人戦術のバリエーションが増えたかなと思っています。

──柴山選手は前回のU-20代表メンバーにも選ばれていますが今回の代表チームにはどんな印象を持ちましたか?

まだまだだなと。前回は引っ張ってくれる先輩がいましたし、今のA代表に選ばれている選手も多い。前回の活動に飛び級で呼ばれていた選手は何人かいますけど、今日のスコアを見てもまだまだ足りないなと思います。

──この世代はピヴォの選手が多いですが前線で張る選手が少ない印象で、所属チームと求められることが違うなと感じました。

初日とかはすごく難しいものですけど、ここに呼ばれている選手は戦術理解度の高い選手が多かったので、苦しいというよりかは戦術の難しさに対していろいろ考えることが多かった。自分がやりたいプレーとかはあまり思わなかったです。

──夏の全日本U-18フットサル選手権大会で対戦した選手たちとも再会することになりましたが。

そういうメンバーとプレーできたことは楽しかったですし、自分の中で「負けてられないな」と思いましたし面白い合宿でした。

──自チームに戻って高めていきたいことは?

高めなければいけないことは全部だと思いますけど、点を取るところに関しては浦安ではピヴォが点を取れていないというのはあまりいい状況ではないので、自分が点を取れるようになりたいです。

──今季は2試合が残っていますが柴山選手は来年をどんな年にしたいですか?

自分は全日本選手権に出られないので滝さん(滝田学)潤さん(藤原潤)とプレーできるのもあと2試合。自分にとって大きな意味を持つ2試合だと思っていますし「浦安が強くなった」と思われるには2連勝して3位にならなければいけないので、結果にこだわった2試合にしたいです。

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami