SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2021.12.31

【U-20日本代表/WEB取材】トレーニングマッチではキャプテンマークを巻いて出場した原田快「まだここは通過点。もっと上を目指していきたい」

PHOTO BY高橋学

U-20フットサル日本代表は12月27日から30日まで高円宮記念JFA夢フィールドで4日間のトレーニングキャンプを実施。最終日には締めくくりとしてF2王者・しながわシティと20分×2本、15本1本のトレーニングマッチを行った。しかし、合計スコアは0-4で完封負け。

最後のトレーニングマッチを含めたこの4日間の活動を通し、すでにペスカドーラ町田のトップチームでも活躍する原田快が感じたものとは。最終日の活動終了後、原田がオンライン取材に応じた。


【関連記事】
18歳以下の選手たちに大きな可能性を感じた木暮賢一郎監督「ポテンシャルがある選手たちと出会えた」
キャプテンマークを巻いた原田快「まだここは通過点。もっと上を目指していきたい」
リガーレ東京U-18のドリブラー・江本賢也「Fリーガー相手でも抜ける自信があった」
“同世代の”代表活動に呼ばれた柴山圭吾「“悔しい”というのが一番大きい」

オフェンスの面では全然できると感じましたけど…

──あらためてこの年代の代表に選ばれた感想はいかがですか?

嬉しいですけど、まだここは通過点だと思っています。調子に乗らずに頑張って、もっと上を目指していきたいと思います。

──4日間のトレーニングキャンプを終えて。

一緒にプレーしたことのない選手たちとプレーする環境にまずは感謝したいです。そこから(初めての選手たちと)合わせていきますけど、気をちょっとでも使わないといけないので、どうやったらコミュニケーションをもっと取れて、連係できるようになるかという4日間でした。

──最終日のトレーニングマッチの感想はいかがですか?

0-4という形で負けてしまいましたけど、自分がシュートを決めれなくて負けるというのは悔しいことですし、もっとできたというのもありますが今、このメンツで結構頑張れた方だなと思います。

──トレーニングマッチで感じた手応えや難しさは?

オフェンスの面では全然できると感じましたけど、ディフェンスの方はまだまだ練習不足。まだまだ上げていきたいです。

──ピヴォで張らずチームとして4枚になる形が多かったように見えましたが木暮賢一郎監督からの指示だったのでしょうか。

そうですね。負け出して0-2の時に「快、仕掛けろ」と言われました。そこで仕掛けて1枚剥がして4対3の状況を作る要求をされました。自分のできることを出しただけなので、もっと上手くなれると思います。

──キャプテンマークを巻いての出場でしたが木暮監督からなにか言われましたか?

集合のときに靴紐を結んでいたら「快お前がキャプテンをやれ」と言われました(笑)。小学6年生のときにバーモントカップで一回やったくらいでそれからずっとやっていなくて、若干緊張がありましたね。

──最後の円陣では選手たちに声をかけていましたがどんな話をしましたか?

「一人ひとりが『こうしておけばよかった』『ああしておけばよかった』というのがあったと思いますけど、それを自分のチームでどうやったら改善して、またここに戻ってこよう」ということを言わせてもらいました。

──原田選手としてはクラブに戻ってどんなことを取り組みたいですか?

やはり決定力をもっと上げていきたいですけど一番はディフェンスのプレッシャーとか、簡単に抜かれないことですね。

──今季は2試合が残っていますが来年はどんな年にしたいですか?

残りの2試合両方に勝って、まずはいい形でシーズンを終わりたいですね。

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami