SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2022.09.19

【代表戦後コメント】世界を知る吉川智貴はブラジルと戦い、何を感じたか。「世界に対しての経験が圧倒的に少ない。でも、1試合目より今日の方が戦えていた」

PHOTO BY勝又寛晃

9月18日、愛知県・スカイホール豊田で日本代表vsブラジル代表の国際親善試合が行われ、日本は1-5で敗戦した。

スペインの国王杯で、初の日本人ファイナリストになったことのある吉川智貴は、世界の強豪・ブラジルと2試合を戦いどんな差と手応えを感じたのか。

代表チームの世代交代が行われているなか、世界最高峰の舞台を知るベテランの吉川は、木暮ジャパンをどのように見ているのか。そして、これから行われるAFCフットサルアジアカップで8年ぶりの優勝を目指すため、どんな気持ちでいるかを聞いた。

取材=渡邉知晃
編集=舞野隼大

経験値はないですけど、勢いは前の代表より確実にある

──ブラジル戦2試合を終えて。

強いですよ。強い、うまいですね。これが差じゃないですか、この結果が。

──それは個の能力の差なのか、チームとしての完成度の差なのか。

両方あると思いますけど、ほぼほぼ個の能力だと思いますけどね。けど、今ブラジルはゴレイロを多用しているじゃないですか。そこの慣れっていう部分では、戦術的な慣れの部分では差はすごいあるかなと思いますけど、それ以外でもやはり個人戦術の部分では雲泥の差があるのが事実なのかなと。これが現実かなという感じです。

──スペインリーグで対戦していた選手も多かったと思うけど、彼らを抑えるためには何が必要?

今のこのグループになって、世界に対しての経験が圧倒的に少ないというのは一つだと思います。第1戦の松江での試合が本当の世界の強豪国と初めて戦うという選手がほとんどだったので、そこの経験の差はかなりあると思います。でも、若い選手は飲み込みも早いと思うので、1試合目より今日の方が戦えていたなという感覚はあります。ただ結果を見てみれば2試合とも惨敗ですね。

──世代交代の中で、智貴はこのメンバーに残っているが、アジアカップで優勝するには?

正直この2試合と比べられないと思います。アジアにはアジアの戦いがあると思うので、本当にガラッと変わった試合になると思います。自分たちがボールを持つ時間も増えると思いますし、そうなった時は若い選手の勢いというのはすごくぶつけやすいのかなと思います。

経験値はないですけど、その分勢いとかは前の代表よりも確実にあると思うので、そこは強みかなと。足りないところを僕やアルトゥールがどんどんカバーしていってあげないといけないなとは思いますけど、僕自身もすごく楽しみなアジアカップですね。立場的なものも含めて、今までと全然違うと思うので、楽しみです。

──優勝はできる?

したいですし、前回の優勝から8年になるので、しなきゃいけないなと思っています。

──アジアカップの戦いを楽しみながらも優勝する。

今の若い選手はチャレンジ精神が強い選手が多いので、そういう意味でも楽しみですね。

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami