SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2021.05.22

【日本代表/WEB取材】新人賞、F2優勝、日本一、そして日本代表へ。駆け上がるGK岩永汰紀。「W杯は、少なくともチャンスはある」

PHOTO BY高橋学

5月20日から5月23日まで、静岡県でトレーニングキャンプを行う日本代表。“A代表”とはいえ、今回は「A代表とU-20代表の間をつなぐ世代間の健全性を維持するため、平均年齢約23歳という構成になっている」(ブルーノ・ガルシア監督)と、サッカーにおけるU-24の“五輪代表”のような位置付けの活動となる。初招集10名を含む20名は、今年9月のW杯はもちろん、この先の日本代表の中軸を目指すメンバーだ。彼らは、今回の4日間のキャンプを通して何を蓄積し、まもなく始まる新シーズンにどのように向かっていくのか。キャンプ3日目の午前練習を終え、2019シーズンにFリーグ新人賞を獲得し、日本代表にステップアップした岩永汰紀がオンライン取材に応じた。


【関連記事】


王者ではなく、あくまでチャレンジャーの感覚で

──久しぶりの招集ですが、どんな気持ちですか?

率直に嬉しいです。日本代表に入ることを目指してやっていますから。

──今、意識していることや、内山慶太郎GKコーチに言われていることは?

日本代表のプレーモデルでもある(ゴレイロの)ポジショニングの高さなどは、細かく言われています。僕自身、新しいことにもチャレンジしています。

──改めて、岩永選手の強みはどこですか?

シュートストップですね。

──ゴレイロは特に、メンバー争いが熾烈なポジションでもありますが、ワールドカップ出場への思いは?

このタイミングで呼ばれたのは、少なくともチャンスがあるということだと思う。W杯に入ることもそうですし、これからコンスタントに呼ばれていけたらいいなと思います。

──監督に言われたことや、チームの雰囲気はどうですか?

若いメンバーが多いですし、僕自身も、まずは日本代表のプレーモデルを早く理解して、プレーを素早く体現できるかが大事といったことを言われています。チームの雰囲気はいいと思います。

──U-20代表では山田正剛選手や坂桂輔選手に続く感じでしたが、今はそこをくつがえすポジションにいます。

U-20代表では、シュライカー大阪に移籍した年だったのですが、その前から、個人的なパフォーマンスが良くなかったので、試合に出るチャンスがあれば、結果を出すことを大事にしていました。当時は、Fリーグでの試合経験もなかったですし、できることも限られていました。大分では、優勝はできなかったもののコンスタントに試合に出て結果を残せましたし、昨シーズンも、F2で(全勝優勝という)結果を出し、全日本選手権でも優勝できて、そういったところもあり、今回こうして呼ばれたのかなと思います。

──F2は今日開幕し、所属するしながわシティの開幕戦は明日あります。岩永選手は今晩、代表チームを離れてクラブの試合に備えるそうですが、最後の練習へ向けた意気込みは?

ここまで4セッションが終わり、午後はゲーム形式でやるということなので、ここまでの総括というか、代表チームのプレーができたらと思います。

──3月の全日本選手権の後に、所属チームではさまざまなことがありました。プレーに集中することが難しいような状況もあったのではないかと思いますが、どのような気持ちで取り組んできたのでしょうか。

クラブのスタッフからは、周囲のことは気にしないで、選手はプレーに専念してほしいと言われていました。そこは割り切って、チームメートも全員で練習にしっかり取り組めていました。練習試合をこなすなかでも、昨シーズンよりも細かいところの質を上げられていますし、僕たちは王者という感覚ではなく、あくまでチャレンジャーの気持ちで毎試合戦っていきたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami