SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

SALペディア
Fの主役は俺だ!
SAL LINE公式アカウント
ブルーノ・ジャパンの挑戦
2021.05.22

【日本代表/WEB取材】水谷颯真の目標は吉川智貴と西谷良介のハイブリッド。「名古屋で活躍することが代表にもつながる」

PHOTO BY高橋学

5月20日から5月23日まで、静岡県でトレーニングキャンプを行う日本代表。“A代表”とはいえ、今回は「A代表とU-20代表の間をつなぐ世代間の健全性を維持するため、平均年齢約23歳という構成になっている」(ブルーノ・ガルシア監督)と、サッカーにおけるU-24の“五輪代表”のような位置付けの活動となる。初招集10名を含む20名は、今年9月のW杯はもちろん、この先の日本代表の中軸を目指すメンバーだ。彼らは、今回の4日間のキャンプを通して何を蓄積し、まもなく始まる新シーズンにどのように向かっていくのか。キャンプ3日目の午前練習を終え、名古屋で出場機会を増す23歳のレフティ・水谷颯真がオンライン取材に応じた。


【関連記事】


日本代表の中核を担う選手にどうやって入っていくか

──ここまで4回のセッションを終えての感想は?

やはり、初めて呼ばれた選手がたくさんいるなか、うまくいかないシーンもたくさんありましたが、練習中の雰囲気もすごく良いですし、みんなでコミュニケーションを取りながら、日に日に良くなっています。

──最近は招集されない時期もありましたが、今回のメンバーのなかでは経験がある選手になります。そうした意味で、立ち位置や周囲に伝えることなど、代表チーム内での変化を感じますか?

去年から代表に呼ばれるようになりわかってきたところもありますし、聞かれたら言うくらいですね。でも、あまり聞かれることはないのですが……。わからなければ聞いてくれれば、僕も伝えますし、プレー中に仲間から、どうしたほうがいいいうやりとりはあるので、それについてはコメントさせてもらいました。

──自分を出すという部分ではどうでしょう。

最初の頃はチームに合わせてしまうところも出ていたのですが、ようやく、少しずつ自分らしさが出てきました。もう少し早く出せたらいいのですが……少しずつ出てきました。

──このメンバーは、来年3月に予定されているアジアインドアゲームズで中心となってくる世代だと思います。大会の開催自体はまだわからないですが、そうしたところに向けてはいかがでしょうか。

今は正直、そこまで考えていません。それよりも、日本代表の中核を担う選手にどうやって入っていくかを考えています。

──U-20代表に入っている選手はどうですか?

スピードがすごいですし、走れるし、スタミナもあるし、個人技も高い。すごく楽しみな選手だなと思います。

──今回のメンバーでは、甲斐稜人選手や新井裕生選手が左利きですが、同じ左利きとしてどう違いを出す?

そうですね。今回は左利きがたくさんいますし、普段はセットプレーなどでキッカーをやらないですが、やることもあります。左利きのなかでも、ピヴォやアラ、フィクソ、それにアラのなかでもスピードがあるタイプであったり、(甲斐)稜人のように個人技が高い選手などがいるので、自分の良さや違いを出せたらと思います。

──6月5日にF1が開幕しますが、新シーズンに向けてはいかがですか?

名古屋オーシャンズは勝ち続けないといけないチームですし、今はまず、名古屋で活躍することが代表にもつながると思います。名古屋で試合に出ることを考えていきます。

──昨シーズンは22試合中19試合に出場して4得点。出番も増え、レベルアップも感じていると思いますが、今シーズンさらに中軸となっていくために何を意識していきますか?

チームには特有の動き方がありますが、それに加えて、代表の中核でもある吉川(智貴)選手や西谷(良介)選手は、フットサルの動き+自分の良さをすごく出しています。(吉川の)パスもそうですし、パスと見せかけて、アラで1対1の勝負を仕掛けたり、(西谷の)「そこが見えているのか」というパスや、裏のスペースへのパスの質がすごく高いので、そこを今、名古屋で目指している。もっと質を上げることが今の課題ですね。両方やりたいです。

──吉川選手と西谷選手のハイブリッドを目指す、と。

それはとんでもないことですけど(笑)、良いお手本がいるので、少しでも真似していきたいですね。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami