SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2021.05.22

【日本代表/WEB取材】華麗なる転身を遂げた男・荒川勇気、同級生との“想定外”の再会。「(樋口)岳志とは、いつか同じチームでできたらいいねと」

PHOTO BY高橋学

5月20日から5月23日まで、静岡県でトレーニングキャンプを行う日本代表。“A代表”とはいえ、今回は「A代表とU-20代表の間をつなぐ世代間の健全性を維持するため、平均年齢約23歳という構成になっている」(ブルーノ・ガルシア監督)と、サッカーにおけるU-24の“五輪代表”のような位置付けの活動となる。初招集10名を含む20名は、今年9月のW杯はもちろん、この先の日本代表の中軸を目指すメンバーだ。彼らは、今回の4日間のキャンプを通して何を蓄積し、まもなく始まる新シーズンにどのように向かっていくのか。キャンプ3日目の午前練習を終え、東洋大学サッカー部からY.S.C.C.横浜に加入し、フットサルを始めてわずか1年で日本代表に招集されたピヴォ・荒川勇気がオンライン取材に応じた。


【関連記事】


日本代表入りは少なくとも2年はかかると思っていた

──フットサルを本格的に始めて1年そこそこで日本代表へ。どんな気持ちですか?

驚きました、正直。今回、招集された選手のなかでは、僕が一番、経験もフットサル歴も浅いと思うので、びっくりしました。

──周りの反応は?

びっくりしていました。チームメイトも、「まさか、始めたてのやつが」と。

──アドバイスは?

僕はフットサル的な理解度が高くはないので、「まずは、ピヴォとして前線で起点をつくって、いけるところは勝負をしてゴールを狙っていけ」、「積極的にストロングポイントを出したほうがいいよ」と、チームメイトには言われました。

──ピヴォを始めてからも1年ですが、日本代表でやってみて、新しい気づきなどはありますか?

日本代表ではピヴォも守備の面ですごく強度などを要求されます。自チームでもそこは要求されますが、代表では一つ上の要求をされるので、そこは今回の合宿で少し成長できたかなと思います。

──樋口岳志選手とは、旭川実業高校時代の同級生ですよね。その2人が、フットサルに転向して初めて同じチームでプレーするのが今回の代表です。どういう気持ちですか?

素直に、うれしかったです。岳志とは昔から仲が良くて、フットサルを始めたのも彼の影響が大きかったので。「いつか同じチームでできたらいいね」と話していて、それが日本代表の活動で。まさか、こんなに早く一緒にできるとは思ってもいませんでした(笑)。

──樋口選手が先にフットサルを始め、U-20代表に選ばれたりしていたことが刺激になっていた?

そうですね。サッカーでプロを目指して大学まで続けてきたのですが、自分の目標には到達できませんでした。そんななか、岳志がフットサル日本代表で活躍しているのが、自分のなかですごい刺激となり、僕も目指してみたいなと。彼の影響は大きかったですね。

──もちろん今年のW杯のメンバー入りは簡単ではないですが、今後2人そろって代表でコンピを組む楽しみもありますね。荒川選手にとって、樋口選手はどんな選手ですか?

足元の技術がすごく高く、パスも出せてシュートもある、すごく魅力的な選手です。高校のときからすごく上手でした。僕はどちらかというと、前線で起点をつくるタイプだったので、自分とは少し違うタイプですね。

──高校時代は、樋口選手がパスを出し、前線の荒川選手が決めるというパターンも?

そうですね。高校時代は岳志が1.5列目でパスを出してくれて、僕がそれに反応してゴールを決めることは多かったですね。

──代表でもそのパターンが見られることを期待しています。

がんばります(笑)。

──サッカーからフットサルに転向して、FWとピヴォの違いや、適応が難しかったことは?

ボールの受け方ですね。サッカーでは、基本的に半身で受けることが多かったのですが、ピヴォは一度フィクソを背中に背負うことが多いので、最初はその違いに戸惑いがありました。

──そのあたりは、横浜で1年間プレーしてできるようになった?

うーん、そうですね……。ピヴォで背負った形からFリーグでも何点か取れたので、少しは自信になっています。

──大学時代は、東洋大学で小林拓夢とツートップを組んでいました。横浜の渡邉瞬GMが視察に行ってスカウトを受けたんですよね。

大学サッカーの関東リーグでは、渡邉さんは最初、拓夢を見に来ていました。拓夢がつないでくれて練習に行って、なんとか加入を勝ちとったという感じです。

──フットサルを始めた頃から代表はイメージしていた?

もちろん、早いに越したことはないとずっと思っていました。でも、少なくとも2年くらいはかかるだろうなと覚悟していました。周囲からも、「フットサルに慣れるまで2、3年はかかる」と言われていたので。そういうこともあり、僕のなかでは、代表に最初に呼ばれるのは2年を目標にしていました。それが1年ちょっとで呼んでもらえたことは光栄です。

──実際に代表に入ってみて感触はいかがですか?

いろいろとエラーを起こしてしまうことは多々あるのですが、自分が勝負できるゾーンに入れば、代表でも持ち味を出していけるということは感じました。

──ブルーノ監督が求める代表のプレーモデルは緻密ですが、チームに持ち帰ってプラスになることもあるのでは。

この合宿では特に、守備の部分で成長できたと感じます。

──横浜には小林選手や笠篤史選手といった同年代の選手もいますが、彼らより先に代表に呼ばれたことでチーム内の争いも一歩リードという感じ?

いえ、チーム内での立ち位置はまだまだです。良い位置にいるわけでないですから。チームに帰ってからもポジション争いは続くので、選ばられたからといって天狗にならず、気を引き締めて、代表で学んだことをチームにも還元できるようにやっていきたいです。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami