SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2022.09.11

【日本代表/国内合宿取材】ブラジル戦へ、人一倍特別な思いを抱く吉川智貴。「明日終わっても後悔しないように」

PHOTO BY勝又寛晃

10日、高円宮記念JFA夢フィールドで日本代表はバルドラール浦安とトレーニングマッチを行い、6-3で勝利。“木暮ジャパン”でも欠かせない存在となっている吉川智貴は、この試合を通じてどういった手応えを感じたか。

そして、昨年のFIFAフットサルワールドカップにキャプテンとして臨みながらも、ラウンド16のブラジル戦で自身はメンバーから外れてしまっている。そのブラジルとの試合を前に、吉川は今どんな心境でいるのか。トレーニングマッチを終えた吉川が取材に応じた。

取材・編集=舞野隼大

▷トレーニングマッチのレポートはこちら

【関連記事】

一人ひとりの特徴を生かせるように手助けしたい

──トレーニングマッチは6-3で終えましたが、浦安に追いつかれることもありました。試合を通じて感じた課題感と手応えはいかがですか?

守備でのエラーがありましたけど、そこは修正する時間があるので。日々のトレーニングから守備でエラーが起きる場面があったので、今日こうして試合で出たというのは、自分たちが良くなるきっかけになると思うので、逆に良かったと思います。あと、今日の浦安みたいに勢いよくプレスをかけてくるチームはアジアにあると思いますし、大会では日本が先制して、追いつかれるという局面も腐るほどあると思う。そう考えたらいいシミュレーションになりましたし、苦しかったですけど、そこを勝ち切れたというのは、チームとして前向きに進めるんじゃないかと思います。

──ディフェンス面に関して、チーム内での決まり事は?

基本的にはマンツーマンがベースになっています。そこで一人ひとりが決断を取ってディフェンスをしましょうというのが、チームのコンセプトです。今日も含めて練習から決断のミスが出てしまっていますが、修正する時間は全然あります。本当にちょっとしたところだと思いますけど、今日起きたミスというのは(ブラジル戦やアジアカップ本番ではなく)今起きて良かったと思います。

──今日の試合は、セットのメンバーをあまり固定しないで様々な組み合わせを試しているように見えましたが。

練習からいろいろなセットでやっているので、この試合で何かをつかんだというのはあまりないですけど、選手一人ひとりの特徴を生かしていけるよう、自分がそのを手助けしていきたいです。

──名古屋オーシャンズの選手たちと一緒に出ることも多かったですが、そこに関しては、やはりやりやすさを感じますか?

普段一緒にプレーしているのでやりやすいですし、そういう狙いが監督のなかにはあると思います。逆にそこではしっかりプレーできなければいけないと思うので、出ているセットで自分の役割を変えつつ、ゲームをコントロールしていきたいです。

──来週戦うブラジル代表とは、昨年のW杯以来の対戦となります。その試合、吉川選手としては出られず悔しい思いをしたと思いますが、どんな気持ちで臨んでいきたいですか?

昨年のことがあって、1試合に懸ける思いがすごく強くなりました。どのタイミングで終わってもおかしくないと思っています。それは、代表に呼ばれなくなるという形なのか、ケガなのか病気になってしまうのか分からないですけど、明日終わっても後悔しないような日々を過ごさなければいけないという感覚です。

そのなかで強豪のブラジルと、しかも(自分にとってホームの)愛知県でも試合ができるということで、選手として幸せですし、一試合一試合の重みを分かっている分、そこに懸ける思いは人一倍強いです。前から日々悔いが残らないように過ごすことを意識していましたけど、それがより強くなりましたね。

──そういう意味では、吉川選手はどちらかと言えばチームのバランサー的選手ですが、どんなプレーをピッチで示したいですか?

どういうプレーを、というのは特になく、その場その場で最善の選択をしていきたいです。シュートを打つべきところではシュートを打ちますし、パスをしなければいけないところではパスしますし、ドリブルしなければいけないところではドリブルをしようと思うので、「これを見てください」というのはないですね。

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami