SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

Go 4 Crown!アジア最強へ
SALペディア

サッカーとフットサルの違いって? 超・初心者のためのフットサル基礎知識

PHOTO BY軍記ひろし

フットサルのポジションにも名前があります!

■ポジション

ここまでは1度でもフットサルをプレーしたことがあり、知っている方も多かったと思います。ですが「フットサルのポジション名を知っている」という方は意外と多くはないです。そこでこのページではフットサルのポジションについてご紹介していきます。

GK(ゴレイロ)

まずはゴレイロです。フットサルでは「ゴールキーパー」ではなく「ゴレイロ」。女子の場合は「ゴレイラ」と呼ばれます。役割は皆さんご存知の通り、失点を防ぐことです。ですがフットサルの場合、それだけではないのです。詳しくは「基礎戦術編」でご紹介しています。

主な選手…関口優志(名古屋オーシャンズ)、ピレス・イゴール(ペスカドーラ町田)、矢澤大夢(フウガドールすみだ)

FIXO(フィクソ)

フィクソはサッカーでいうディフェンダーです。そのためピッチの後方に立ち、守備の時にはカバーリングなど相手の攻撃を阻止する役割があります。攻撃の際には前線の選手へ長いパスを供給する役割もあり、まさに「攻守の要」を担うポジションです。

主な選手…皆本晃(立川・府中アスレティックFC)、星龍太(名古屋オーシャンズ)、アルトゥール(シュライカー大阪)

ALA(アラ)

アラは基本的にピッチのサイドでプレーします。ドリブルで切り込んでシュートをしたりパスの供給したりと様々な役割があります。なので選手によってドリブラーやパサーなど、プレースタイルも大きく変わってきます。

主な選手…加藤未渚実(シュライカー大阪)、室田祐樹(ペスカドーラ町田)、西谷良介(名古屋オーシャンズ)

PIVO(ピヴォ)

ピヴォはサッカーでいうフォワードです。主にシュートを放ちゴールを狙いにいくのが大きな役割です。ですがそれだけでなく「ピヴォ当て」と言い、ポストプレーの起点となってゴールをアシストするという役割もあります。「ピヴォ当て」に関しても「基礎戦術編」で解説しています。

主な選手…森岡薫(ペスカドーラ町田)、堀内迪弥(ヴォスクオーレ仙台)、岡村康平(フウガドールすみだ)

【次ページ】フットサルを始めてみたいけど何が必要なの?

▼ 関連記事 ▼

Bitnami