SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SAL LINE公式アカウント
SALペディア
2020.10.10

【日本女子代表/WEB取材】「戦術でゴールを奪いたい」スーパーストライカー江口未珂が国際舞台で点を取れないワケと解決策

PHOTO BYSAL編集部

フットサル日本女子代表は10月9日から3日間、千葉県・高円宮記念JFA夢フィールドでトレーニングキャンプを実施。初日、2日目の午前練習を終えてWEB取材が行われ、江口未珂がインタビューに応じた。

今シーズンの女子Fリーグでも得点ランキングを独走し、国内で敵なし状態のストライカーが、国際舞台でゴールを奪えないワケとは? 自身が感じている課題や解決策を語った。

国内では出ない足がシュートコースに伸びてくる

──昨日から木暮監督の下で練習をしての感想は?

自分たちのチームでやっていることがほとんどでもあって、練習内容が出ている。キャンプに何度も参加しているのでやりやすさはありました。監督の指導もわかりやすいので勉強になります。

──木暮監督のフットサル、スタイルは?

数的有利をつくって積極的な攻撃スタイルのフットサルだと思います。

──点をとる役割、他の求められることは?

戦術でも得点に絡んで、自分も取っていかないといけないですが、定位置攻撃や崩しのところでもラストパスなども。ポジションも代表ではアラなので、シュートだけではなくパスも意識しています。

──江口選手は前回から2回目のアジア選手権となります。そこで感じていた課題や取り組んできたこと。

前回は初代表だったので、最初は戦術や監督のやりたいことが私にとってはすごく難しくて、できなかったりわからなかったりしました。でも今は、戦術の理解も深まり、やりたいフットサルもわかってきたので、次の大会がいつになるかわからないですが、前回大会は準優勝だったので、一番はアジアチャンピオンになること。そして、私たちがやりたいフットサルをアジアの舞台で出すことを目指しています。

──決勝で敗れたイランに勝つために必要なことは?

フィジカルも、スピードも、切り替えも大事だと思いました。

──江口選手は、前回のアジア選手権でも得点が少なく、2018年のポルトガル遠征、昨年12月のスペイン遠征でもゴールを奪えていません。クラブと代表チームで求められる役割の違いもあると思いますが、国内では点を取りまくっているなかで、苦手意識や国際舞台での違いを感じているのでしょうか?

国際大会となると相手も普段(の国内の相手で)は出ない足がシュートコースに伸びてきたり、慣れていないこともあって、今までは“半抜きシュート”で入ったり、股下を狙ったりして、個人で国内では得点が多かったですが、やはり国際試合では、崩してダイレクトなどで打たないと入らないと感じています。個人の能力でゴールを決められたらベストですが、木暮監督の戦術のなかで崩して得点できたら、自分ももっと得点に関わっていけるのかなと思います。

──女子Fリーグも開幕して、日本代表強化へのプラスになっていることは?

今回はコロナの影響で試合も遅れてしまい、2巡の対戦の予定が1巡となってしまいましたが、一昨年アルコ神戸にいた時と変わらず強化につながっていると思います。今シーズンはチーム数も増え、レベルもこれまで以上に高まっているので、試合相手や環境としてはいいと思います。

──SWHも初参入ながら3連勝している。もちろん目指すのは優勝。

この3試合は、上位の相手と当たっていないこともありますが、最後の方で上位チームと当たるので、そこで落とさないように、しっかりと勝ちたいと思います。

 


【初日トレーニング前インタビュー】

・「明日大会があっても優勝できるチームをつくる。そこが明確な目標」木暮賢一郎監督

・「戦術も、練習や試合への姿勢も、気持ちも全部吸収して帰りたい」藤田実桜

【2日目午前トレーニング後インタビュー】

・「木暮監督の戦術のなかでゴールを奪いたい」江口未珂

・「学びにきたのではなく代表のポジションを勝ち取りにきた」高尾茜利

・「悔いがないくらい毎日準備して、代表活動がなくても準備する」吉林千景

 

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami