SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2022.09.08

ヴォスクオーレ仙台・特別指定選手で両利きの万能型!【聖和学園 #10 鈴木大輝|Fに推したい高校生】

PHOTO BY河合拓

全日本U-18フットサル選手権大会は、これまでにも数多くのFリーガーや日本代表選手を輩出してきた。今大会に出場した選手のなかからも、今後、日本のトップレベルでプレーする選手が出てくる可能性は十分にある。

今大会には、ペスカドーラ町田U-18、フウガドールすみだファルコンズ、SBFCロンドリーナU-18、名古屋オーシャンズU-18、シュライカー大阪U-18と、過去最多となる5つのFリーグ育成組織のクラブが出場していた。今回は、すでにこの年代から育成組織で専門的にフットサルをプレーしている選手たちではなく、高校部活動で日常的にサッカーをプレーしている選手たちのなかから目を引いた5人の選手を、第1回大会から取材を続ける河合拓がピックアップした。

文・写真=河合拓

【Fに推したい高校生一覧】

近所の先輩がきっかけでフットサルを始める

菊地宏志監督が、「ファーストセットの4人は、どこに出しても恥ずかしくない」と自信を持つほど、今大会の聖和学園高校フットサル部の選手たちの完成度は高かった。そのなかでも特に存在感を放っていたのが、鈴木大輝だった。

岩手県出身だが、中学3年生のときに、たまたま近所に聖和学園フットサル部に進んだ先輩がいたことから、練習に参加させてもらい、楽しかったことから高校サッカーではなく、フットサルをすることを決めた。そして高校3年生になり、キャプテンを任されるまでになった。すでに2022シーズンのヴォスクオーレ仙台のFリーグ特別指定選手に認定されている。日常的にフットサルをプレーしているため趣旨と少しずれるが、高校部活動所属という点でピックアップさせてもらった。

両足でそん色なくボールをコントロールすることができ、シュートバリエーションが豊富。アラの位置で周囲と連動しながらプレーすることも、フィクソの位置からゲームを組み立てることもできる。前線にスペースを見つければ、相手のマークを外してゴール前に入り込み、ファー詰めなどのフィニッシャーにもなる。

今大会の最後となった3位決定戦でもハットトリックを達成する獅子奮迅の活躍を見せ、フットサル部にとって初の3位入賞に大きく貢献した。進路に関しては、「大学でフットサルを続けたい」と、フットサルを続ける意向を示していた。

また、セカンドセットの浅野岬も、ピヴォとして存在感を発揮。町田U-18との試合では、相手のマークを巧みに外して、ゴール隅に決めたゴールがあったが、ボディバランスが良くボールキープ力があり、自分で仕掛けることも、周囲を使うこともでき、1次ラウンドから重要なゴールを挙げてきた。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami