SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2022.09.08

超高校級!サッカー名門校Aチームメンバーの格【高川学園#40 岩瀬颯吾|Fに推したい高校生】

PHOTO BY河合拓

全日本U-18フットサル選手権大会は、これまでにも数多くのFリーガーや日本代表選手を輩出してきた。今大会に出場した選手のなかからも、今後、日本のトップレベルでプレーする選手が出てくる可能性は十分にある。

今大会には、ペスカドーラ町田U-18、フウガドールすみだファルコンズ、SBFCロンドリーナU-18、名古屋オーシャンズU-18、シュライカー大阪U-18と、過去最多となる5つのFリーグ育成組織のクラブが出場していた。今回は、すでにこの年代から育成組織で専門的にフットサルをプレーしている選手たちではなく、高校部活動で日常的にサッカーをプレーしている選手たちのなかから目を引いた5人の選手を、第1回大会から取材を続ける河合拓がピックアップした。

文・写真=河合拓

【Fに推したい高校生一覧】

技術、視野の広さ、守備力がハイレベル

大会2日目の近江高校ビーパイレーツ戦の序盤を見て、格が違う選手だなと感じさせられたのが高川学園高のキャプテンマークを巻いた岩瀬颯吾だった。初日に1-15と大敗を喫した藤井学園寒川高校戦では、キックオフのときにピッチに立っていたものの、チーム事情からすぐにベンチに退き、プレーしていなかった。高川学園高は近江高戦でも敗れて1次ラウンド敗退となったが、初戦から出場していれば、その後の大会に影響があったのではと思わせる存在だった。

サッカーの名門である高川学園高でAチームに入っている実力者の岩瀬は、高校サッカーではサイドハーフを務めており、足元の技術が高く、足の裏を使った変幻自在なドリブルを見せる。視野も広く、最後尾から1本のロングパスで決定機を作り出すことも、ピヴォ当てをして再びボールの受け手になることもできる。また守備では対人に強い一方で、カバーリングも的確にこなしていた。フットサルのオールドファンには、石川県のインディゴスコーピオンというチームで、全日本フットサル選手権大会に出てきた当時の諸江剣語(現:フウガドールすみだ、静岡学園高校出身)が、もう少し周囲も使える感じというと伝わりやすいかもしれない。

これまでフットサルの経験はなく、現在もJリーグ入りを一番の目標に掲げている。冬の高校サッカー選手権に高川学園が出場した場合は、メンバー入りしている可能性が高いだけにぜひ注目してもらいたい。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami