SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2022.09.09

【日本代表/国内合宿取材】ブラジルとの一戦が、A代表デビューになる石田健太郎。「勝ちにこだわっていきたい」

PHOTO BY高橋学

フットサル日本代表は、5日から高円宮記念JFA夢フィールドでトレーニングキャンプを実施。15日と18日に行われるブラジル代表との国際親善試合へ向けて調整している。

一時は大ケガによって戦線を離れていた石田健太郎だが、復帰後すぐに日本代表へと招集された。“木暮ジャパン”への選出は初となるが、新たな代表チームでどんなことを感じているのだろうか。

そして、所属チームのバルドラール浦安とのトレーニングマッチ、自身初の代表戦となるブラジル戦へ向けて、どんな気持ちでいるのか。8日、練習4日目を終えた石田が取材に応じた。

取材=川嶋正隆
編集=舞野隼大


【関連記事】

浦安とのトレーニングマッチは「やりにくさがあると思う」

──ここまで4日間の活動を振り返ってどんな感触ですか?

自分にとっては代表監督が変わって、初めての招集になるので、以前とやり方はもちろん違います。覚えることが多くあるなかで、コーチ陣は多くコミュニケーションを取ってくれますし、(高橋)健介さんはバルドラール浦安で監督として指導してくれた人なので、スムーズに入ることができたとは思います。ですがそのなかで、まだ少し合ってないなと感じる部分もあります。

──久しぶりの代表活動は、緊張するものですか?

緊張はしないですけど、特別な場所なので、また新鮮な気持ちで来れています。

──ケガから復帰して、すぐに代表に選ばれていますが、コンディションはいかがですか?

ケガをする前の状態と同じとまではいかないですけど、リバビリをしっかりしたことで、体を少し大きくしました。今はそうしたところも試行錯誤して取り組んでいる段階です。別に前と同じ状態に戻る必要はないと思っているので、ここから新たに成長していきたいと思います。

──先ほど「まだ少し合ってないなと感じる部分がある」と話していましたが、どんな部分でまだ合ってないと感じていますか?

浦安でプレーしている時、ガリンシャと一緒に出場する時間があまりなく、クワトロでやることが多いですけど、代表では[3-1]がベースになっています。その部分で距離感だったりが難しいなと感じています。

──今、勢いあるバルドラール浦安から3人が代表に選ばれたことについては?

リーグ戦で2位につけていることで呼んでもらったというのはあると思います。でもそれは、僕たち3人だけの実力ではなく、みんなで戦ってつかんだものなので、みんなを代表して来ているつもりです。「僕たちがここでまた成長して、チームに帰れるようにしたい」と、ここに来る前に話しました。小宮山(友祐)監督からも「アジアカップやW杯、代表の親善試合は本当に特別な場所だ」という話をしてもらいました。監督は「浦安のことは一旦忘れろ」とは言ってましたけど、ここでの成長が先につながると思うので、目の前のことに集中してやっていきたいです。

──チームでも好連係を発揮している長坂拓海選手と同じセットで出ている時間が長かったですが、代表でもやりやすく感じますか?

戦い方が違うので、浦安の時と同じようにというのは無理ですけど、彼の良さを引き出せるのは自分だと思いますし、逆に彼は自分の持ち味を知っています。同じチームの選手と試合に出られるというのは、それだけでプラスになりますけど、違うチームの選手と一緒にプレーしたい気持ちもあります(笑)。でも、代表で一緒にピッチに立つというのもうれしいことですね。

──誰と一緒にプレーしたいと思っていますか?

みんなと一緒にプレーしてみたいですけど、吉川智貴選手やアルトゥール選手とは、こういう場所でしかできないので、一緒にプレーしてみたいですね。

──週末には浦安とのトレーニングマッチも控えています。所属チームと対戦を前にして、どんな気持ちですか?

以前、トレーニングマッチをした時は浦安に負けてしまっているのですが、代表戦の時の小宮山監督はモチベーションがすごく高いですし、みんなも(代表入りへ向けて)アピールしようという気持ちで来るので、やりにくさがあると思いますけど、敵なのでそこは勝ちにいきたいと思います。

──世界最高峰のブラジルとの戦いとも控えていますが、その試合でどんなプレーをしたいと思っていますか?

押し込まれる時間帯はあると思いますけど、そのなかでゲームをコントロールする時間というのは必要だと思います。ゲームコントロールは自分の役割だと思うので、そういうところはしっかりとやっていきたいです。

──国内での代表戦は2年半ぶりで、2戦ともチケットは完売しています。満員のアリーナでプレーする姿を想像してみて、いかがですか?

最後に代表選手として試合に出たのは(2017年大会の)AFC U-20フットサル選手権です。僕自身、A代表の選手として初めての試合になるので楽しみですね。「どこまでやれるか」とか、そういうのではなく、代表は勝たなければいけない場所なので、勝ちにこだわっていきたいと思います。


【その他代表関連記事】

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami