SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2019.12.03

【SALフェス】2019年版は、ベルマーレ愛とフットサル愛とSAL愛と。完全密着長編レポートを大公開! 

PHOTO BY本田好伸

12月1日(日)、東京都のラモスフィールド インドア フットサルで開催された「SALフェス」。2回目となる今回は、Fリーグ屈指の人気クラブ、湘南ベルマーレとがっつりコラボレーションして、来場者の方に楽しんでいただける様々なイベントを実施しました。SAL編集部が当日の様子をレポートします(長編)!

第2回開催もプログラムが盛りだくさん!

今回の開催タイトルはズバリこれ!

フェス型フットサルイベント
『SALフェス with 湘南ベルマーレ』
〜見て、蹴って、参加して創るみんなの祭典〜

日頃からSALが心掛けている「蹴る人と、見る人をつなぐこと」を目指したイベントです。と同時に、「みんなで創る」をテーマにしていたこともあって、運営サイドは「お客さん、来てくれるかな……」とドキドキ。でもそんなことは杞憂でした。バタバタと最後の準備を終える前から、続々と集まる来場者のみなさん。湘南ベルマーレを応援している方々だけではなく、ミックス大会の参加者、そうではない一般来場者の方まで、開場前から長蛇の列ができていました。そして13時を少し回った頃、ついにSALフェスが幕を開けました。

イベントの進行はSALフェス応援サポーターの長谷川ゆうさんと、Fリーグの試合でMCなども担当する福田悠さんのお2人。日々、Jリーグを取材されながら、以前は『サッカーキングハーフタイム』でレギュラーを務めていたり、『週イチ なでしこカフェ』をされていたり、タレントであり、ジャーナリストの一面もある長谷川さんと、元競技フットサル選手(ゴレイロ)であり、独自の視点で執筆活動するライターでもある福田さんによる“ダブル・ユー”が、あうんの呼吸を見せていました(実はお2人は初対面だったとか)。

さて、この日のコンテンツをご紹介。レポートもこの流れでお伝えします!

・開会式
湘南ベルマーレトークショー
大運動会(プレゼント獲得予想大会)
ワンポイントレッスン
湘南ベルマーレ交流会
sfidaアウトレットブース
sfida着用モデルSNS企画
ミックス大会
AbemaTV風実況解説(長谷川ゆう&福田悠)

閉会式

開会式が終わり(ちなみに、トップ画像で使用している集合写真は湘南の「S」、「sfida」の「S」、「SAL」の「S」を表現する「Sポーズ」!)、いよいよ、湘南ベルマーレのスペシャルゲスト陣が登場! 奥村敬人監督、キャプテンの鍛代元気選手、ロドリゴ選手、フィウーザ選手、中島孝選手、金井智之地域普及・サテライトコーチの6人が参加してくれました(内村俊太選手も参加予定でしたが、日本代表に選出されたため欠席)。簡単な挨拶を終えると、早速トークショーが始まりました。

【次ページ】ベルマーレの仲の良さが際立つトークショー!

▼ 関連記事 ▼

Bitnami