SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SAL LINE公式アカウント
SALペディア
2020.08.28

【日本代表/WEB取材】「若い選手の勢いがベテランに火をつけた」。招集歴の少ない選手が多い中、星龍太が取り組んでいたこととは。

PHOTO BY軍記ひろし

8月25日から行われている4日間の日本代表候補合宿に参加している星龍太。これまでにも何度か合宿は行われていたが、コンディションの影響で星自身、久しぶりの招集になった。

今回行われている合宿のメンバーは、初招集となったボルクバレット北九州の米村尚也をはじめ招集歴の少ない選手も少なくない。その中で招集歴の多い星は彼らに対しどんなアプローチをしていたのか。

合宿最終日にオンライン取材に登場した星に今回の合宿を振り返ってもらった。

──────────────────
【関連記事】

【日本代表/WEB取材】「ピリッとした環境でトレーニングができた」。代表チームの中核へ食い込む選手はブルーの監督の中にいたのか。

【日本代表/WEB取材】今回の合宿で加藤未渚実とWキャプテンを務めている室田祐希。「僕らの世代でもっと引っ張っていきたい」

【日本代表/WEB取材】「新たなチャンスがここの場所でもらえたのは事実」。久しぶりの代表招集となった滝田学が再び代表定着を狙う。

【日本代表/WEB取材】久しぶりの招集で代表定着に至っていないと自覚する堀米将太。「残り2日間でアピールして覆していきたい」

【日本代表/WEB取材】「ライバルは全員」。アジア選手権、ワールドカップ出場に向けた内村俊太の想いは。

【日本代表/WEB取材】F1昇格、代表初招集。目まぐるしい変化の中にいる米村尚也。「刺激的な数カ月になっている」

【日本代表/WEB取材】左膝前十字靱帯の断裂から矢澤大夢が代表に復帰。「もうケガをする前の状態には戻っている」

【日本代表/記者会見】「今回のキャンプは3つの目的がある」。招集歴の少ない選手たちにブルーノ監督が求めるものとは。

【日本代表】25日からFリーグ開幕直前の合宿を開催!複数の中核メンバーが外れ、“不測の事態”を見据えた“ラージグループづくり”の招集か?

──────────────────

代表活動のコンセプトを僕は知っている方

──今のコンディションと今回の合宿を終えての感想は?

コンディションは、昨シーズンのケガの残りがあるのですがチームでも徐々に上げていって、今回の合宿も初日より最終日の方が良かった。100%までには至っていませんがステップは踏めている。合宿ではいい取り組みができていましたけど、全体を通して強度や質、細かい面でもう一歩上へ上がるためにも物足りなさが残ってしまった合宿でした。

──今回の合宿で星選手が課題に上げて取り組んだことは?

ケガも含め、ゲーム感、強度に慣れること。そのなかでも今まで取り組んできた代表活動のコンセプトを僕は知っている方なので、慣れるのではなくて新しくきた選手、久々に来た選手に対して浸透させる役割を担っているのかなと思う。そこに関して取り組んでいました。

──招集歴の少ない選手にはどのようなアプローチを?

ディフェンスがメインになってしまいますが、蹴り方だったり寄せるタイミング、あとはコミュニケーションの部分ですね。ジェスチャーだったりどのタイミングで寄せるかは各クラブやり方は違いますがここに来たら全部同じ。そこを声かけたり、外では理解できていてもピッチの中で体現できるかはまた別の話です。ピッチの中で声をかけて助けてあげるということを行っていました。その後の攻撃面ですけど、簡単にピヴォへ当てたり逆サイドの相手の弱点のところを攻めるところで視野の確保だったり、前を向く意識を監督からも教えてもらったし、それを改めて僕が練習前に言ったりとか、ここでやっていこうという意識づけの部分を強調する意味で僕だったり滝田(学)がアナウンスしていました。

──逆に若い選手から得たものや気づかされたものは?

若い選手も代表に来たら年齢差関係なくアグレッシブにやっていました。むしろ自分たちが主体となってプレーだったり質の面で貢献してくれた。そこはベテラン、若手、大差なく自分がリーダーシップをとってくれたところは非常に満足しています。逆に若い選手からの勢いはベテランに火をつけてくれた。そこはいい環境だったと思います。

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami