SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2022.01.28

【日本代表/WEB取材】最年長の点取屋クレパウジ・ヴィニシウス「オフィシャルじゃないけど、今日は日本代表で初ゴールの日になりました」

PHOTO BY高橋学

18日から30日まで12日間にわたって高円宮記念JFA夢フィールドでトレーニングキャンプを開催中の日本代表は26日、Y.S.C.C.横浜とトレーニングマッチを行い、3-2で勝利を収めた。

新体制となって初のトレーニングマッチを行なったこの日、試合後にクレパウジ・ヴィニシウスがオンライン取材に登場し、この試合について振り返った。

※試合レポートはこちら


【関連記事】


若手に負けたくないし、チームのために頑張りたい

──2回目の合宿です。何日間か、別メニューの調整もありましたが、ここまでの活動を振り返っていかがでしょうか?

まず、別メニューになりましたが、その練習でも、セットプレーの確認であるとか、みんなでやっている時には確認して、合流した際の準備をしていました。

土曜日からみんなと一緒に練習できて、日曜日も2部練習して、今日の試合に向けて、みんなとコミュニケーションを取れました。前回以上に、よく話をして、セットプレーのことなども含め、東アジア予選に向け、すごくいい合宿になっていると思います。

──監督は、同じレベルであれば若い選手を選ぶと話しています。今回も最年長。今日もゴールを決めて結果を出していますが今後も代表に生き残るために必要なことは?

木暮監督と大阪でやっていたときは、「まだ若い」と話していたことがようやくわかりました。今は、そう話してくれていることがモチベーションになります。いい意味で若手に負けたくないし、チームのために頑張りたいけど、まず一つは、ゴール。勝つために必要ですし、それを僕も求められていますから。ゴールだけではなく攻撃の能力をどんどん出して、リーグで出していることを続けることが、選ばれるために必要だと思います。

もちろん、攻撃だけではなく木暮監督の考えているチーム戦術などは経験もありますから、若手をサポートすることもしたいです。基本的にはリーグで見せているものと、チームのために戦うことが大事だと思います。判断は木暮さんに任せるので、僕は100%を出す。日本に帰化してから頑張っていましたから、これからも変わらない。

ケガには気をつけながら、ベテランのメリットもあります。試合も理解できていると思うので。最後は、監督に任せます。

──公式戦ではないですが、代表初ゴール。これまでリーグでもたくさんのゴールを決めてきましたが、今日の1点は特別なものでしたか?

帰化してから代表に入るために頑張ってきましたし、チャンスをもらいました。今朝起きたら、日本代表の初ゴールになると、それを考えていました。今日はオフィシャルじゃないけど、木暮監督になってから初めての試合ですから、新しいサイクルの初ゴールを決められたことは幸せな日です。ただこれだけではなく、次の浦安戦も、東アジアも、頑張ってそこでも決めたい。僕のなかでも、今日は日本代表で、初ゴールの日になりました。

──代表チームとしてやろうとしていることがどれくらいできている感覚ですか?

木暮監督はすごく攻撃的なチームを作ろうとしていますし、強い攻撃にするために、これまでたくさんトレーニングで伝えていました。たくさんの情報が頭の中にあり、試合の緊張もあるなかで、全部をいっぺんにやるのは難しいことはみんなが理解しています。でもいい意味で、セットプレーからもゴールが生まれたり、クリアランスの戦術からも3点目が生まれました。毎日、戦術やプレーモデルを理解していっています。

相手次第で、プレーモデルを使う使わないなどもありますけど、今日の横浜は体のあたりが激しいですから、レバノンやイランをシミュレーションしていました。その相手にどの戦術を使うか。みんな理解できたと思います。体の強い相手には、体で勝負するのではなく、ボールを素早く動かし、ピヴォの力を使う、など。練習でやってきたことは、かなりできたと思います。

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami