SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2022.01.28

【日本代表/WEB取材】期待値の高いレフティ・堤優太「コンセプトである連続した攻撃と相手コートでの長時間のプレーは自分の武器を生かせる」

PHOTO BY高橋学

18日から30日まで12日間にわたって高円宮記念JFA夢フィールドでトレーニングキャンプを開催中の日本代表は26日、Y.S.C.C.横浜とトレーニングマッチを行い、3-2で勝利を収めた。

新体制となって初のトレーニングマッチを行なったこの日、試合後に堤優太がオンライン取材に登場し、この試合について振り返った。

※試合レポートはこちら


【関連記事】


左利きの選手からは多くのことを学んでいる

──横浜がこれだけハードスケジュールのなかで、木暮賢一郎監督が招集したことにも期待を感じます。これまでの合宿を振り返ってどんな感触ですか?

前回の合宿は3日間だったので、わりかしコンパクトな戦術の説明でしたが、今回は13日間ということで細部にこだわった戦術も練習しています。ある程度、チームのコンセプトは理解できたかなと思っています。

──コンセプトは攻撃的なところも強調しています。立川・府中アスレティックFCや横浜も攻撃色が強いですが、そこと比較してみると日本の攻撃の部分はどうでしょうか?

自分の持ち味である左利きの部分とドリブルは、代表チームのコンセプトである連続した攻撃と、相手コートの中で長い時間プレーする部分では自分の武器を生かせると思っています。

──横浜との試合でした。横浜の仲間たちも「つっつーすごいな」と話していましたが、自分としてはどんな感触でしたか?

正直、得点の部分では、もう少し自分で動かしたいという思いがあったので、悔しい部分はあります。自分の良さをある程度は出せたので次の試合に向けて準備したいと思います。

──4月には、アジア選手権の予選があります。そこに向けては?

相手は今日は横浜で、日本のチームでしたが、アジア選手権では海外の選手との対戦になります。身体の大きさやスピードは異なる部分があるので、そこへの準備を頭の中で考えています。

──チームにはクレパウジ・ヴィニシウス選手や加藤未渚実選手など、同じ左利きで参考になる選手もいると思います。今回の合宿で一緒にやることで学んだことなどは?

今いる左利きの選手からは多くのことを学んでいます。ヴィニシウス選手はゴール前への入り方や、シュート技術はすごく勉強になります。原田快選手は1対1ですね。1-3の状況でも一人をはがすことがすごくうまいですし参考になります。あと、未渚実くんはサイドでさらしたり、状況判断がめちゃくちゃうまいので、自分もすごく参考にしています。

──先発で出場して、良さを出すシーンも多かったと思います。ゴレイロを使ったシーンなどでも、後ろからのボールを収めたり特徴を出していました。木暮監督は、セットを固定しないで、ローテーションで組み替えながら試合を進めていました。出場時間を獲得できていたことは、どんなことを評価されたと感じていますか?

ボールを長く持てるというか、右サイドで縦にドリブルしたり、中に運んで時間を作ったりすることで、相手コートにいる時間を長く作れることは評価につながっていると思っています。

──月曜に試合があり、前田佳宏監督が「堤は頑張っていますか?」と。それと、皆本晃選手と話す機会があり、「つっつーはどうだ?」と期待していました。そうした周囲からの期待に応える意味でも、今後より高めていきたいところはありますか?

日頃の練習から相手コートにいる時間を長くできているので、最後のフィニッシュ。ゴールを決める、アシストすることはより高く目標を持ってやっていきたいです。

──最終日にバルドラール浦安戦があります。そこでは得点を期待していいですか?

はい、決めます。

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami