SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2022.01.28

【日本代表/WEB取材】初陣で2得点をマーク!結果に貪欲なピヴォ・本石猛裕「どんな形であれ決められたことはうれしく思う」

PHOTO BY高橋学

18日から30日まで12日間にわたって高円宮記念JFA夢フィールドでトレーニングキャンプを開催中の日本代表は26日、Y.S.C.C.横浜とトレーニングマッチを行い、3-2で勝利を収めた。

新体制となって初のトレーニングマッチを行なったこの日、試合後に本石猛裕がオンライン取材に登場し、この試合について振り返った。

※試合レポートはこちら


【関連記事】


常にゴールに向かっていき、決める仕事をしないといけない

──2得点を振り返ってください。1点目はクレパウジ・ヴィニシウス選手のシュートのこぼれを押し込んで、2点目もゴール前での素早い反応からの得点でした。

1点目は、こぼれ球で、思い切りゴールに突き刺すだけでした。力抜けていい感じに決められました。2点目は上に上がっていたボールで誰も触る人がいなかったので、僕は浮き球の処理も得意なので、しっかりと振り抜いて突き刺せたのは自分の持ち味を出せました。ゴールを決めることが自分の仕事なので、どんな形であれ決められたことはうれしく思います。

──木暮賢一郎監督となり2回とも招集されています。監督から言われていることなどは?

木暮監督のスタイルはやはり攻撃面で違いを生み出せる選手、結果を出せる選手、ゴールを奪える選手だと思うので、常にゴールに向かっていき、決める仕事をしないといけないと思っています。そのなかで、ピヴォに入ってからの動きもありますけど、まずは1対1で相手を外してシュートすることを第一優先に考えています。状況によっては味方を生かしたり、アシストすることも心がけています。

──代表活動はU-20以来ですが、フル代表になって感じることは?

U-20代表の際には、合宿が何度もあって、プレーモデルなどを落とし込んでいって徐々にという感じでしたが、フル代表では生き残るために結果が全てだと思います。結果を残さないとまた呼ばれないと思うので、こうした試合で結果を出すことで生き残っていくという思いがかなり必要だと改めて感じています。

──それは周囲から言われてでしょうか。それとも活動を通じて感じることですか?

自分自身で思っていて、2回の合宿でそのマインドを持ってきています。やはり結果を出すことで認められる世界だと思うので、そこはブレずにやっていきたいと思っています。

──不測の事態で別メニューでの調整もありました。コンディションなどここまでを振り返るとどうでしょうか?

僕も別メニューで調整していたのですが、コンディションも、フィジカルコーチの馬場源徳さんを初め、コーチ陣も僕たちが落ちないようなメニューを組んでくれ、強度高くやれていました。調整中の際でも、頭の部分で他の選手についていけるようなマインドを確認しつつ、強度もトレーニングで上げていくことをしていたので、合流してからもすんなりと入れたと思います。

──トレーニングマッチでも出場時間が確保され、得点にも結びついた。結果にこだわるところで、今後の生き残りのサバイバルをする上で、より得点を奪うために高めていく必要があるところはありますか?

僕はピヴォの位置で受けてからの反転シュートを得意としています。反転までいってもシュートが入らなかったりすることが課題なのでシュート精度ですね。それと、周囲を見て、どのプレーが一番得点に結びつくのかをもっと突き詰めていかないといけないですね。

──最終日にバルドラール浦安戦があります。そこでも得点を期待していいですか?

はい、ぜひお願いします。

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami