SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2022.02.02

【日本代表/WEB取材】代表定着を狙うスピードスター・金澤空「スコアを動かしてチームを勝たせる選手になりたい」

PHOTO BY高橋学

18日から30日まで13日間にわたって高円宮記念JFA夢フィールドでトレーニングキャンプを開催中の日本代表は30日、バルドラール浦安とトレーニングマッチを行い、3-2で勝利を収めた。

新体制となって初の長期合宿を終えたこの日、試合後に金澤空がオンライン取材に登場し、今回の合宿について振り返った。

【関連記事】


自分のスピードが脅威になる

──13日間のトレーニングキャンプを終えて。

充実した2週間で、得るものが大きかったです。自分自身、ある程度のパフォーマンスが出せて、その中で自分のスピードが脅威になると感じました。

──立川・府中アスレティックFCはリーグ戦を5位で終えました。比嘉リカルド監督が今シーズンから就任して、W杯による中断期間やコロナ禍もあり大変なシーズンだったと思いますが、金澤選手にとってはどんなシーズンでしたか?

昨シーズンと比べて試合に出る時間は増えて、自分がチャンスを作るシーンは多かったですが得点を決めきれなかったことが多かった。そこは今回のトレーニングキャンプでも課題として感じていて、そこの改善をすることを木暮監督からも言われました。とにかく、スコアを動かしてチームを勝たせる選手になりたいと感じました。

──今回のトレーニングキャンプには同世代の選手も何人か選ばれています。若い選手の中で何か話していることはありますか?

「若いからどうだというのは関係ないよね」という話は年下の原田快と話したりしています。

──どうすれば次のW杯に辿り着けるか。自分の中で何かビジョンはありますか?

とにかくゴールを決め続けることですね。ゴールを決めてチームを勝たせる選手になっていくことが大切になると思います。

──内田隼太選手が海外移籍を決断しました。エースだった選手が抜けて、新しいエースになってほしいというクラブからの期待も大きいのでは?

隼太くんがいなくなってしまって、練習後の1対1とかリフティングができないのはちょっと寂しいですけど、同じポジションでライバルになる選手なのでとにかく負けないよう、自分も頑張りたいです。

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami